法科大学院時代の弁護士業に将来性はあるのか

弁護士業というと高級な仕事の代表格でした。難しい司法試験にパスした弁護士は庶民の憧れで、法律知識を持つ正義の味方として尊敬されてきましたし、知識に見合った報酬を得ることも十分に可能でした。将来性のある仕事とみなされ、息子や娘が弁護士になれば親も鼻が高かったことでしょう。しかし、状況は変わってきているようです。まず、弁護士人口が増えています。法科大学院の開設により法曹人口が増えましたが、検事や裁判員は公務員で人件費削減の流れの中、採用者数は横ばいです。検事や裁判官になれなかった修了生は弁護士の道を歩まざるを得ません。さらに弁護士人口の増加は、弁護士のサービス競争を激化させることにもつながり、競争の結果、相談料は下落を続けています。こういった中では弁護士業に給与面での将来性は失わていると言わざるを得ませんが、やりがいは相変わらずですし、競争の流れは意識の高い弁護士に活躍の機会を与えるものです。

脂肪吸引が好き
業界最大級の高田馬場 賃貸
安心満足の失敗しない広島 賃貸
Amazonで楽々ショッピング
Google

最新記事